iPhone8、iPhone8 Plusはベゼルレス設計でディスプレイサイズは5.0インチと5.8インチか

iPhone発売から10周年を迎える2017年モデルのiPhone8シリーズだが、ベゼルレス設計により、ディスプレイサイズの大画面化を行うとの噂が出てきました。これは、米サイトBusiness Insiderの記事より、BarclaysのアナリストのBlayne Curtis氏と Christopher Hemmelgarn氏は、新しい情報が書かれたiPhone8のレポートを提供したことにより判明しました。

そのレポートより、iPhone8の本体サイズは現行モデルiPhone7、iPhone7 Plusと変わらずに、ベゼルレス設計を採用し、画面のみが拡大することがわかりました。ディスプレイサイズは、5.0インチモデル(iPhone8)と、5.8インチモデル(iPhone8 Plus)になるとのこと。

また、iPhone8 Plusでは、新しいタイプの有機ELディスプレイが採用され、サムスン電子とLGからのものと書いている。

iPhone8は、ベゼルレスによる大画面化に加え、全画面指紋認証、ライトニング端子廃止とワイヤレス充電化などの噂があります。

そのほか、iPhone8シリーズが大きくなることで、ローエンドモデルが4.7インチになるとも予想しています。ローエンドモデルは、iPhone SEシリーズ(iPhone SE2)を表しているものだと思います。

Business Insider

 

 

シェアする