iPhone7s、iPhone8は有機EL・ガラスボディを採用か

2016年モデルのiPhone7ではなく2017年モデルのiPhone7s?iPhone8?の情報です。2017年モデルのiPhoneは、有機ELディスプレイ(AMOLED)とガラスボディが採用されるとアップル関連のリーク情報に詳しいKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏は予測しています。彼は信頼性の高い予想をしていることでも有名です。

ガラスボディは、iPhone6sなど現行のアルミニウムボディより重量を増す、ガラスボディの気になるの点が耐久性。iPhone4/4sで採用されていたガラスボディだが落下などにより割れやすい印象があります。ガラスの素材を強固なものにするのだろうか。一方、有機ELディスプレイは、軽量化、最薄化の設計にすることが可能のようです。両方でバランスをとるということなのでしょうか。

2016年モデルiPhone7(仮)⇒2017年モデルは、これまでの流れだと、iPhone7sになると思われますが、ガラスボディ、有機ELディスプレイを採用することで大幅なモデルチェンジになると思われます。これまで、sシリーズは、デザインはほとんど変化なく、5から5s、6から6sなどのように先代モデルよりもスペック上の向上が見られるものが多いです。

デザインの変更を行うことで、2017年モデルは、iPhone7sではなくiPhone8になるかもしれません。また、iPhone 7PlusはiPhone Proと言う機種名になるとのうわさもあり、このように他シリーズが登場するかもしれませんね。

参照元 9 to 5 Mac

 

 

シェアする