iPhone7とiPhone7Plusの図面が流出か、サイズは6sシリーズとほぼ同じ

9to5Macは、今年発売が見込まれる『iPhone 7』と『iPhone 7 Plus』と思われる図面を公開しています。

図面を見ると、iPhone7/7 Plusは、iPhone6s/6s Plusとほぼ同じサイズ。厚さがiPhone7はiPhone6sに比べ、0.1mmだけ厚くなっている。手に持った感覚では、違いはわからないでしょう。

iPhone 7 Plusは、デュアルレンズカメラが搭載されていることがわかる。また、Smart Keyboardを接続できるSmart ConnectorがiPhone 7 Plusに搭載されるようです。

図面には、フロントのディスプレイが書かれていない。全面がディスプレイのEdge to Edgeディスプレイなのでしょうか。それとも、図面未完成状態なのか。ただし、これまで得た情報法では、2017年版のiPhone(iPhone8?)で大幅なモデルチェンジをする可能性が高いようです。

6月13日に開催されるWWDC 2016でiPhone7/7Plusに搭載されると噂されるiOS10の発表がされる見込みであることも記載されている。

9 to 5 Mac

 

 

シェアする