iPhoneのsafariで閲覧サイト、検索履歴、キャッシュ、クッキー情報を削除、自動保存しない方法

iPhoneのsafariで閲覧した履歴や検索履歴を削除する方法、Webサイトデータ(クッキー、キャッシュ)とキーボード入力で学習した入力候補の削除、safariで履歴を残さないプライベートブラウズの設定のやり方をご紹介します。

safariの閲覧・検索履歴の削除
safariを起動させ、右下の【ブックマークボタン(本のマーク)】⇒【履歴】⇒【消去】より、直近1時間、今日、今日と昨日、すべてより期間を指定して履歴の削除を行うことができます。

safar検索i履歴削除

個別に削除したい場合は、対象の履歴を左にスワイプすると削除ボタンが表示されるので、それを押せばひとつだけ削除することができます。

この方法では履歴のみの削除となります。開いているタブは残ってるので、不要な場合は消しておこう。タブボタンを長押しすれば、1度にまとめて消すことができます。

safariの履歴、キャッシュ、Cookie(クッキー)を削除したい場合
【設定】⇒【safari】⇒【履歴とWebサイトデータを消去】の手順で削除できます。履歴やキャッシュ、クッキー、開いているタブもすべて削除されます。

キャッシュ、Cookieを削除したい場合
【設定】⇒【safari】⇒【詳細】⇒【Webサイトデータ】より、消去したいページ毎、もしくはすべてのWebサイトデータを削除することができる。こちらは、キャッシュやクッキー情報などのWebサイトデータの削除のみで検索履歴は残ります。

safariの閲覧・検索履歴を保存しない方法
safariには、プライベートブラウズ(プライベートモード)というモードがあります。プライベートモードでは、通常モードと同様にインターネット検索が利用できるが、閲覧履歴や検索履歴、アクセスするページ、自動入力情報をsafariに残さずに利用することができるモード。

プライベートブラウズ

safariを起動させ、右下の【タブボタン】⇒左下【プライベート】をタップすることでプライベートモードとなります。

キーボードの入力履歴の削除
【設定】⇒【一般】⇒【リセット】⇒【キーボードの変換学習をリセット】より、キーボードの入力候補に表示される履歴を削除することができます。

 

 

シェアする