Apple、iPhone6 Plusのタッチ病を対象にした修理プログラムを発表

Appleは、iPhone6 Plusの画面一部が点滅したり、マルチタッチが反応しなくなったりすることが判明したとして、このような症状を対象に行う「iPhone 6 Plus Multi-Touch 修理プログラム」を発表しました。

いわゆる「タッチ病」と言われる症状。iPhone6とiPhone6 Plusのタッチパネルが全く反応しなくなる不具合「タッチ病」が話題となりました。この不具合は、ディスプレイ上部にノイズバーが現れ、しばらくすると、全く操作できなくなってしまうもの。ディスプレイを交換しても、しばらくすると同症状が再発する報告が多数上がっている。

iPhone 6 Plus Multi-Touch 修理プログラムを利用した修理価格は、14800円で修理できる。ただし、タッチ病の不具合のみを対象とし、タッチ病以外の機能が正常な場合の料金となります。対象の端末は、iPhone6 Plusだけで、同様の症状が報告されていたiPhone6は対象外となっている。

この症状に対して、AppleもしくはApple正規サービスプロバイダで、既に有償修理をした方にAppleから連絡をし、返金手続きをしているとのこと。該当者で、連絡が来ていない方は、Appleに連絡するように、公式サイトで案内されています。

公式サイト iPhone 6 Plus Multi-Touch 修理プログラム

 

 

シェアする