iPhoneで勝手に電話がかかる、知らぬ間に発信する時の対策

iPhoneを操作した覚えもないのに、勝手に電話をかけてしまっている、気づかないうちに発信して通話中になっているなど、用もないのに勝手に電話がかかってしまっていたという経験はないだろうか。最近、私も何度かあり、相手側から折り返し電話を頂いたことがありました。しかし、自分では、電話をかけた覚えはない。通話終了後、発信履歴を確認すると、いつの間にか発信してしまっているようでした。iPhoneに原因があるようです。そこで、iPhoneが勝手に電話をかける原因、誤発信を防ぐための設定方法を調べました。

スリープモードにすることを癖づける

iPhoneをポケットやカバンなどに入れる時に画面が反応して、電話を発信してしまうことがあります。対策として、必ず電源ボタンを押してスリープモード(ロック画面)にして、操作を終了する癖をつける必要があります。iPhoneの操作を終える際は、必ずスリープモード(ロック画面)にしているのに、発信しているという人は、設定を見直しましょう。

スリープモードにしているが、電話をかけている場合に考えられる原因

Siri(音声認識アシスト機能)の誤作動・誤認識が原因となることが多いようです。Siriを起動させると、話しかけることでiPhoneが動きます。例えば、『○○へ電話』とすると、電話をかけてくれます。通常ホームボタン長押しでSiriが起動します。ポケットやカバンに入れたりするときに、起動し、何かの音に反応して電話してしまう可能性があります。

下記の設定をしておくことで防止することができます。

【設定】⇒【Touch IDとパスコード】⇒【siriをOFFにする】
※Siriがロック中の操作ができなくなります

【設定】⇒【Touch IDとパスコード】⇒【音声ダイヤルをOFFにする】
※音声ダイヤルによるロック画面中の電話をできない状態にします

充電中の誤作動防止
【設定】⇒【一般】⇒【Siri】⇒【Hey Siriを許可をOFFにする】
※充電中iPhoneを操作しなくてもHey Siriと話しかけることでSiriが起動する設定。こちらもOFFにしておいた方が安心です。

Siriを使わない人は、SiriをOFFにしよう
【設定】⇒【一般】⇒【Siri】⇒【SiriをOFFにする】

最後に

Siriによる誤作動で勝手に発信しているケースが多いようです。Siriの設定を見直すことで防止できる可能性が高いです。同じようなトラブルに合っている方は、是非お試しください。

設定を変更しても直らないという場合は、iPhone本体の不具合の可能性があるので、APPLEサポートへ相談してみましょう。

 

 

シェアする