サムスン、Galaxy Note7生産停止、交換後も発火事故発生

サムスン電子は10月10日、フラッグシップモデル『Galaxy Note7』の生産を一時停止したことがわかりました。。発売からGalaxy Note7のバッテリー起因による発火事故の報告が相次ぎ、9月に世界10か国で出荷台数ほぼ全台にあたる250万台の回収交換を決めている。問題のあるGalaxy Note7の交換、回収が行われたが、米国や台湾などで、交換済みの端末でも発火事故が報告されるなど、波紋を呼んでいる。

Galaxy Note7は、韓国をはじめ、米国、カナダ、オーストラリア、台湾などで発売されているモデル。日本では未発売で、大手キャリアで冬モデルとして登場するとの噂がありましたが、これにより、見送られる可能性が出てきました。工場は、ベトナムや中国にあるが、生産を中断した時期、生産再開の見通しは立っていないとのこと。

Galaxy Note7スペック
CPU Snapdragon 820
RAM/ROM 4GB/64GB
バッテリー容量 3500mAh
カメラ メイン1220万画素、イン500万画素
ディスプレイ 5.7インチ
サイズ(mm) 縦153.3×横73.9×厚さ7.9
重量 168g
SD 最大256GB対応
防水・防塵(IP68)対応

参考元 日本経済新聞 サムスン電子、「ノート7」の生産停止 発火事故で

 

 

シェアする