Gメール、ヤフー、Hotmailなどのメアドとパスワードがハッカーにより大量流出

Gigazineの情報によると、流出したのは、Yahooが4000万件、Hotmailが3300万件、Gmailが2400万件、そしてロシアで多く使われているMail.ruが5700万件ほかに中国のメールサービスなどを含み合計2億7200万件ものアカウント情報が流出したことがわかりました。

アカウント情報流出の経緯

ハッキングしたのはロシア人ハッカーによるもの。そのロシア人ハッカーは、11億7000万件もの情報をハッキングで入手し保有しているようです。

ネット上でハッキングしたことを自慢している内容をネット上で書いており、その個人情報を配る準備をしているとのことで、その驚くべき条件は、ハッキングしたことを『褒める内容を書きこむ』こと。条件を満たした者には、50ルーブル(約80円)で譲るという。

発覚したのは、Hold Securityのスタッフが、ハッキングを自慢しているのを発見したことから始まりました。Hold Securityによると、重複したデータを除き2億2700万件。アドレスとパスワードがセットになっているものも含まれているようです。Google、Yahoo、Microsoftは現在調査中とのこと。

アカウント流出の対策

日本で主に使われている方が多いのは、Yahoo、Hotmail、Gmailです。お持ちのアカウント情報の変更をしておくことがデータ流出の対策になります。世界レベルで利用されているメールサービスですが、情報通りなら流出件数が多すぎるため、手を打っておいた方が良さそうです。ログイン履歴の確認は、各サービスで可能ですが、ログイン履歴に他者からログインされた形跡がない場合でも念のため対策しておこう。

自分のデータが流出している可能性がないとは言い切れないので、パスワードの変更をしておいた方が良いと思います。

セキュリティを強化するために、二段階認証の設定をしておくとさらに安心です。パスワードと携帯電話で2段階でアカウント情報を守ることができます。

参考元 Gigazine

 

 

シェアする