FREETEL、新シリーズ『雷神 RAIJIN』12月発売、バッテリー5000mAh、29800円

プラスワン・マーケティングは、新製品・新サービス発表会にて、2016年秋冬モデルとして、『雷神 RAIJIN』を発表しました。これまで、フリーテルではSAMURAIシリーズ、KIWAMIシリーズ、Prioriシリーズなど発売されてきましたが、雷神は新シリーズとして登場。

RAIJINの最大の特徴は、トップクラスの大容量バッテリー、5000mAhを積んでいる。増田薫社長は1週間弱バッテリーが持ったそうです。ディスプレイサイズは5.5インチFHDを搭載し、素材は頑丈なゴリラガラスを使用。発売は12月を予定しており、本体価格は29800円となっています。

RAIJINスペック

OS Android 7.0 Nougat
CPU オクタコア MT6750T 1.5GHz
メモリ RAM4GB、ROM64GB
microSD最大128GB
カメラ メイン1600万画素
フロント800万画素
サイズ(mm) 縦153mm×横76×厚さ8.7
重量 183g

指紋認証センサーを搭載。2つのSIMを切り替えて使い分けできるディアルSIMディアルスタンバイにも対応。

RAIJIN、Zenfonemax比較

大容量バッテリーの機種は、厚く、重くなるがと比較的薄く、軽く設計されている。同じ5000mAhのZenFoneMaxと比較すると、ZenFoneMaxは重さ203g、厚さ10.55mm。RAIJINは、薄く、軽いのがわかる。

 

 

シェアする