au2016冬モデル「URBANO V03」を発表、受話ボタン搭載でさらに使いやすく

KDDIは、2016年冬モデルとして、URBANO(アルバーノ)シリーズに新たに「URBANO V03」を2016年12月上旬より発売することを発表しました。アルバーノシリーズは、初心者や年配者向けのシリーズ。

URBANO V03は、スマホの操作に不慣れな方も使いやすいように着信時の応答専用ボタンや従来のケータイの待ち受け画面のような初めての方でも使いやすいエントリーフォームを搭載している。また、ガラケーで慣れ親しんだケータイ入力に対応。スマホでは、珍しくなってきている赤外線通信にも対応している。

応答専用ボタンは、老人向けの簡単スマホにも搭載されている機能で、ガラケーからスマホに機種変更する初心者に向けてより使いやすさが追及されたモデルとなっているようです。

これまで通りのアルバーノ同様、周りが騒がしい場所でも、通話時相手の音声が聞き取りやすい「スマートソニックレシーバー」や落下や水濡れにも強い「防水、防塵、耐衝撃、耐振動、温度耐久」に対応しています。

OS Android6.0
CPU MSM8937 1.4GHz×クアッド+1.1GHz×クアッド
RAM/ROM 2GB/16GB
バッテリー容量 2600mAh
ディスプレイ 5.0インチ
サイズ(mm) 72×145×8.9
重量 137g
カラー ブリティッシュグリーン、ローズピンク、ロイヤルブラック

この機種の利用にオススメのユーザーは、スマホ初心者。特に、ガラケーからスマホへの移行に抵抗がある人におすすめです。

KDDI ニュースリリース URBANO V03

 

 

シェアする