Googleが日本でAndroid Autoを提供開始!運転中も音声操作で快適&安全

Googleは、自動車とスマホを連動させて利用することができる自動車向けプラネットフォーム『Android Auto(アンドロイドオート)』の提供を7月13日より開始しました。2014年にアメリカで最初に発表されている。Android Autoは、GoogleマップやGoogle Play Musicを音声操作使用することができ、ドライブ中にハンドルから手を離さずにナビ機能を利用したり、好きな曲を流したりすることができます。

対応機種は、Android 5.0以降のOSを搭載したスマートフォン、タブレットでGoogle Playストアからアプリをダウンロードして、対応の車種、ナビと接続して利用可能。国内では、当初、ホンダ、日産、フォルクスワーゲン、マセラティ、アウディなどの一部車種で対応するほか、パナソニック製品に対応する。今後、多くのモデルで対応を予定している。

Android Autoでは、『Googleマップ』などのGoogle提供のアプリを利用したり、電話の発信・受話、SMSの送受信などを利用できます。また、音声操作に対応し、運転中も前方から目を離さず、安心して操作できます。安全を考慮した設定で、接続中は、スマートフォンがロックされているため、運転中の操作をすることができません。

そのほかにも、Android Auto対応アプリも数多く配信されており、Playストアよりダウンロードすることができます。

Android Auto 対応アプリには、SMSアプリ『WhatsApp Messenger』、『Skype』や本を音声で楽しむことのできる『Audible』、世界中のラジオを無料で聞くことができる『radio.net』、Amazonの音楽アプリ『Amazon Music with Prime Music』などさまざまなアプリが提供されている。

Android Auto

 

 

シェアする