格安SIM利用者数上位8社による満足度調査、第1位はどこだ?

MMD研究所は、格安SIMサービス上位8社の利用者15歳から69歳の1638人を対象に『2016年7月格安SIMサービスの利用者満足度調査』の実施結果を公開しています。格安SIMサービス上位8社とは、MMD研究所が実施した『2016年6月格安SIM利用者・検討者シェア調査』の結果の上位8社である。順に、楽天モバイル、OCNモバイルONE、IIJmio、mineo、BIGLOBE SIM、イオンモバイル、DMM mobile、BIC SIMとなる。

格安SIMとデバイスの組み合わせ

格安SIMとデバイスの組み合わせについて、スマホ+音声プランが53.1%、スマホ+データ通信プランが29.1%、タブレット+データ通信プランが9.2%の順になっており、スマートフォンとの組み合わせが、8割を超えている。

格安SIM満足度
8社全体で見ると、『とても満足』『やや満足』を合わせて、70.7%となりました。

総合評価が最も高かったのは、『IIJmio』78.6%、次に、72.1%の『mineo』と『DMM mobile』、続いて、『OCNモバイル』70.5%となっている。利用者数が最も多い『楽天モバイル』は、66.8%と8社のうち最下位と言う結果になった。

格安SIMサービスを選んだ理由

利用中の格安SIMサービスを選んだ理由として、月額料金が安いと思ったが第1位。全体で81%が安さを理由に選んでいる。中でも、業界最安値級を売りにしている『DMM mobile』は、89.2%と9割近くを占めており、さすがの数字である。

続いて、『データが繰り越せる』31.4%、『通信速度が早いと思った』25.6%となっています。このあたりになると、しっかりと下調べをして購入した方たちでしょうか。

参考元 MMD研究所 格安SIM利用率上位8サービスの利用者満足度は約70%

 

 

シェアする