格安SIMで『iPhone SE』を利用したい人は何パーセント??MMD研究所調査結果発表

MMD研究所は3月31日に発売される『iPhone SE』について、2129人の15歳~69歳の男女にインターネットによるアンケート調査を実施しました。調査内容は、購入したい人、利用する通信事業者、現在の利用端末はどうするか、購入したい理由について。

iPhone SEを購入したい人は?

iPhone SE購入したい人は

購入をしたいと考えている人は、全体の19.7%。約5人に1人は、iPhone SEがほしいと思っていると言う事ですね。スマホのサイズ拡大化が進んでいる中での発売となり、小さめのiPhoneがほしいと思っていた方には、お待ちかねの発売ですね。ハイスペックですが、コンパクトなので大画面派とニーズが大きく分かれそうですね。4インチiPhoneは、日本人の手には丁度いいサイズとも言われていますので海外より希望者は多いのでしょうか。気になるところです。

購入したいと考えている人の中でどこの通信事業者で利用するか?

iPhone SEで利用する通信事業者

ドコモ31.6%、au25.2%、ソフトバンク18.8%、ワイモバイル3.8%、格安SIM9.5%と言う結果に。やはり、利用者数の多いドコモが最も多かったです。格安SIMは、421人中40人で9.5%を占めています。

【iPhone SEの月額料金を比較】auと格安SIM『mineo』『楽天モバイル』3社を検証

iPhone SE購入後の現在の端末はどうする?

iPhone SE購入後の現在利用中の端末をどうするかについては、下取りキャンペーンに出すが、39.3%、次になにもしないが24.3%、中古ショップに売る、ネットオークションで売る、知人・家族に譲ると続きました。不要になった端末は、売却したり、譲ったりされる人が多いようです。

売却する場合、一般的に高値で売るならネットオークション(ヤフオク)、手軽に行いたいなら下取りキャンペーンに出すと言ったところでしょうか。

iPhone SEを購入したい理由は?

iPhoneに興味があるからが32.8%、更新のタイミングだからが28.5%、4インチiPhoneを待っていた26.1%と続きました。アップル・iPhoneのブランド力、操作性などiPhoneに好印象を持っている方の意見も多数ありました。

MMD研究所 iPhone SEの購入意向は19.7% 購入意向者の約1割が格安SIMでiPhone SEを利用予定

 

 

シェアする