『iOS 9.3.1』をリリース、Safariなどでリンクを押すとフリーズする不具合を修正

アップルは、先月より、iOS9.3へアップデートの配信を行っていますが、同バージョンにて、さまざまな不具合が報告されていました。中でも多くユーザーで頻発していたSafariやメールなどのリンクをタップするとフリーズしてリンクが開かない問題を今回、不具合を修正したバージョン『iOS9.3.1』の配信を開始しました。

『iOS9.3』では、ブルーライト軽減機能『Night Shift』やメモ機能の改善を行い、メモアプリをTouch IDやパスコードでロックをかけることが可能になりセキュリティを強化などの新機能が追加されてます。

最近、iOS9.3へのアップデートの際、アクティベートできないという不具合を改善したばかりですが、ついに、フリーズ問題についても修正版である『iOS9.3.1』。これで改善されるということになります。とりあえず、現在フリーズ問題が多発している方は、バージョンアップをして見ることで改善されるかと思います。

アップデートは、いつも通り、PCと接続してiTunesで行うか、端末本体より『設定⇒一般⇒ソフトウェアアップデート』より行えます。

iOS9.3のリリースから不具合の情報がありましたが、多かったのがアクティベートができない状態に陥ってしまう、もうひとつは、Safariやメールでのリンクをタップするとフリーズする件でした。今回の『iOS9.3.1』へのマイナーアップデートで、特に多発していた不具合は、解消されそうです。

 

 

シェアする